インバル=都響 新マーラー・ツィクルス

進化し円熟するインバル・マーラー演奏の総決算
佐伯茂樹(音楽評論)

2012年、インバル&都響による新・マーラー・ツィクルスが始まる!
 インバルは、2008年のプリンシパル・コンダクター就任を機に、マーラーの交響曲を積極的に取り上げており、どの曲もきわめて完成度の高い名演として語り継がれている。実演やCDによって、今や世界のマーラー演奏をリードするコンビとして不動の評価を受けていることはご存知の通り。
 しかし、これらの名演は偶然生まれたわけではない。都響は、若杉弘(88〜91年)、インバル(94〜96年)、ベルティーニ(2000〜04年)と、マーラー・ツィクルスを既に行ってきた。インバルも、80年代にフランクフルト放送交響楽団(現hr交響楽団)と全集録音をリリースし、新しいマーラー演奏のスタイルを方向づけた。
 フランクフルト放送響と都響の録音を聴き比べれば分かるように、インバルのマーラーは、確実に進化し円熟してきている。都響の方も同様で、マーラー演奏に関して世界屈指のオーケストラだと断言していいだろう。インバルは70代後半を迎えたが、今回のツィクルスが彼のマーラー演奏の総決算になることは疑う余地がない。  最後に2011年5月に行ったインタビューでのインバルの言葉をご紹介しよう。
 「マーラーのスコアは何も変化しないが、そこに真実を見出そうとする私自身は変化している。特に時代の感情の影響は大きい。日本で不幸な災害が起きてしまったが、マーラーは、その苦しみだけでなく、希望も音楽の中に書いておいてくれたのだ。都響は、私のそうした感情を最も深く理解し共感してくれるオーケストラ。ぜひ全曲演奏をやりたいと考えていた」


東京都交響楽団
都響Homeへ戻る