←

→

ABOUT TMSO

オーケストラ|メンバー

ソロ・コンサートマスター/コンサートマスター
第1ヴァイオリン 第2ヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス
フルート オーボエ クラリネット ファゴット ホルン
トランペット トロンボーン バストロンボーン テューバ ティンパニ&打楽器
山本友重
コンサートマスター  

山本友重 (やまもとともしげ) YAMAMOTO Tomoshige
(2000年1月1日入団)

演奏家として心がけていること:ハーモニー
マイブーム(最近はまっていること):登山
好きな作曲家:その時々
もし音楽家になっていなかったら?:気象予報士 or 風景写真家

 1969年、名古屋生まれ。
 4歳よりヴァイオリンを始める。名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部卒業。
 第39回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第2位受賞。第10、11回沖縄ムーンビーチミュージックキャンプに参加。第10回霧島音楽祭に参加、特別 奨励賞受賞。イタリアのレッジョ・エミリアで行われた、第2回パオロ・ボルチアーニ賞国際弦楽四重奏コンクールに、すばる弦楽四重奏団として参加、第3位 及び特別賞受賞。副賞としてフランス、パリの国際クァルテット・フォーラムに招待され、シャンゼリゼ劇場で演奏し、好評を博す。松尾財団室内楽コンクール に第1位受賞。東京国際音楽(民音)コンクール室内楽部門で、第2位受賞。
 大学在学中より、すばる弦楽四重奏団、アール・レスピラン、ジャパンチェンバーオーケストラ、フェスティバルソロイスツ、日本各地の音楽祭などで室内楽 的な活動に意欲を燃やす傍ら、数多くのオーケストラのゲストコンサートマスターを務めた後、22歳で東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のコンサート マスターに就任。8年間にわたり重責を担ってきた。99年、退団。2000年1月、東京都交響楽団のコンサートマスターに就任。上野学園客員教授。

私の音楽はじめて物語

自宅で(左/5歳)。現在、神奈川フィル
首席チェロ奏者を務める兄(裕康/8歳)と。

 父が趣味でヴァイオリンを弾いていたので、私も「やりたい」と言ったらしいです(自分では憶えていないのですが)。4歳で才能教育研究会(スズキ・メソード)の教室に入り、大沢美木先生に師事しました。レッスンは厳しい面もありましたが、自分としては曲が弾けて合格すると次の曲に進めるのが楽しくて、言われもしないのにどんどん先の曲を予習していました。
 大沢先生は1~2ヵ月に1回、門下生を集めて合奏レッスンをしていましたし、才能教育研究会全体でも松本の夏期学校や春の武道館など、合奏に参加する機会は多かったと思います。レコードも好きで、《新世界より》やミルシテインが弾いた《亜麻色の髪の乙女》などを擦り切れるくらい聴いていました。小学3~4年ころです。
 才能教育のおかげで、海外への演奏ツアーに何度か行かせていただく機会がありました。最初は中2の6月。「10 Children(テン・チルドレン)」というものに選ばれて、1ヵ月ほどイギリス、スウェーデン、ベルギーなどを巡りました。内訳はヴァイオリン8人とピアノ2人で、ヴァイオリンだけで合奏したりソロを弾いたり。
 この時は貴重な体験ができたな、という程度だったのですが、中3の10月に今度は80名ほどの弦楽合奏団で東ドイツ(当時)へ。バッハ《シャコンヌ》(弦楽合奏版)などを演奏、この旅で合奏(オーケストラ)の魅力にとりつかれてしまいました。それまでは趣味のつもりでいたのですが、帰国してすぐ、両親に「音楽高校に行きたい」と相談。ピアノは小6のころから少しは弾いていましたが、ソルフェージュはそれから始めたので大変でした。
 名古屋市立菊里高校音楽科に何とか合格。高校2年の後半から月に1回ほど東京へ通い、田中千香士先生のレッスンを受けて、東京藝大へ進学しました。
 大学3年の時、霧島国際音楽祭で豊嶋泰嗣さん(新日本フィル・コンマス)と出会い、「卒業後はオケをやりたい」と話したところ、「じゃ、うち(新日本フィル)においでよ」と誘っていただいて。1ヵ月ほど後に彼の隣(トップサイド)で《巨人》を弾きました。これが初めてのエキストラ体験です。
 それがきっかけとなって、いくつかのオーケストラからゲスト・コンマスとして呼んでいただけるようになり、やがて大谷康子さん(当時は東京シティ・フィル、現在は東響のコンマス)からオファーをいただいて、東京シティ・フィルのコンマスに就任。大学4年の1月でした。
 東京シティ・フィルには8年間在籍、バレエやオペラをたくさん経験できたのは財産になっています。2000年に都響へ移籍。音色が豊かで、ダイナミック・レンジが広いオケだな、とびっくりした記憶があります。それから14年。都響のクオリティの上がり方は驚異的ですね。細部に至るまでスキがなくなってきました。かといってこれが完成形ではないですし、さらに上を目指して微力ながら頑張りたいと思います。

(月刊都響2014年1・2月合併号 取材・文/友部衆樹)


都響について

都響ガイド 営業案内

[電話番号]03-3822-0727

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 5月29日(月)、5月30日(火)

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 5月16日(火) 16:00営業終了
 5月31日(水) 17:30営業終了