←

→

ABOUT TMSO

オーケストラ|メンバー

ソロ・コンサートマスター/コンサートマスター
第1ヴァイオリン 第2ヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス
フルート オーボエ クラリネット ファゴット ホルン
トランペット トロンボーン バストロンボーン テューバ ティンパニ&打楽器
内藤知裕
トランペット  

内藤知裕 (ないとうともひろ) NAITO Tomohiro
(1994年4月1日入団)

演奏家として心がけていること:楽しむこと
最近はまっていること:スクーバダイビング、水中写真
好きな作曲家:J.S.バッハ
もし音楽家になっていなかったら?:野球選手

私の音楽はじめて物語

吹奏楽部でマーチングに参加(小学4年)

 姉(2歳上)がヤマハ音楽教室に通っていて、私も始めたのが4歳ころ。ですからスタートはピアノで、音感教育も受けました。おかげで、大学時代も含めて聴音だけはあまり苦労しないで済みました。ただ、全部 in C で聴いてしまうので、移調楽器の読み替えは未だに苦労していますけれど。
 小学校に吹奏楽部があって、普通は4年生からなんですが、なぜか3年生の秋に入部してトランペットを始めました。身体が小さかったので、最初はコルネット。結構重いな、という印象でしたが、吹くのは楽しかったですね。顧問の先生が熱心で、《マイスタージンガー》前奏曲や《エグモント》序曲などをやらせることもありました。このころからオーケストラが好きになったのかもしれません。
 中学校でも吹奏楽部に入り、ここは「めざせ全国大会」とコンクールに熱心だったので、濃い3年間を過ごしました。先輩の影響で熱中したのは室内楽。フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルやエンパイア・ブラス、あるいはアンドレやドクシツェルのレコードをたくさん聴いて、自分たちでもアンサンブルをやったり。マーラー《交響曲第5番》冒頭とか、《ペトルーシュカ》のソロとか、みんなで吹いてみて「やっぱり難しいねえ」とか。部活動で《惑星》(「海王星」以外)や《新世界より》《展覧会の絵》を吹奏楽アレンジで全曲演奏したりして、今思うととんでもないことをやってましたね。そういう曲の原曲をレコードで聴いて、オーケストラって面白い、オーケストラ・プレイヤーになりたい、と思ったのは12~3歳ころです。
 高校は地元の県立で、音楽コースがある学校に在籍。吹奏楽部もありましたが、気持ちがオーケストラに向いていたので、20人くらいの小さなオーケストラ部に入りました。高校1年から杉木峯夫先生(東京藝大助教授)にレッスンを受け始めた。
 藝大へは入れたんですが、入学してみたら、まわりが上手な人ばかりでびっくり。かなり危機感があって、大学時代はすごく練習したと思います。大学3年の時に都響のオーディションがあって、受かるわけがない、と緊張しなかったのが幸いしたのか、受かってしまった(笑)。(試用期間を含めると)大学3年の1月から都響で吹き始めました。オーケストラの現場を何も知らなかったですから、入ってから3年くらいはもう夢中でしたね。
 その後、2002年にシカゴに留学して、ウィリアム・スカーレット先生(シカゴ響)に師事。楽器とか技術とかを越えて、いかにアーティストとしてパフォーマンスするか、ということを目の当たりにした気がします。
 都響は、メンバー同士にリスペクト(尊敬)があって、互いに向上していく雰囲気がある。その中で、より良いトランペット・セクションをこれからも作っていきたいですね。

(月刊都響2012年7・8月号 取材・文/友部衆樹)


都響について

都響ガイド 営業案内

[電話番号]0570-056-057

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 12月11日(月) 17:30営業終了
 12月25日(月) 17:30営業終了
 12月26日(火) 16:00営業終了

◇一回券発売日のため
 お電話のみの営業になります
 12月8日(金)、12月15日(金)

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 12月18日(月)、12月19日(火)

◇年末年始は以下の日程で
 休業いたします
 12月28日(木)~1月3日(水)