←

→

ABOUT TMSO

オーケストラ|メンバー

ソロ・コンサートマスター/コンサートマスター
第1ヴァイオリン 第2ヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス
フルート オーボエ クラリネット ファゴット ホルン
トランペット トロンボーン バストロンボーン テューバ ティンパニ&打楽器
海和伸子
第2ヴァイオリン  

海和伸子 (かいわのぶこ) KAIWA Nobuko
(1996年4月1日入団)

演奏家として心がけていること:ゆとり
最近はまっていること:布団乾燥機
好きな作曲家:マーラー、ベートーヴェン、アンダーソン
もし音楽家になっていなかったら?:演歌歌手

 3歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て東京藝術大学卒業。東京文化会館新進音楽家デビューコンサートに出演。1998年ピアノの柴垣英二氏とデュオリサイタルを開く。これまでに足立佳代子、澤和樹、田中千香士、清水高師の各氏に師事。東京都交響楽団団員、東京シンフォニエッタ、小田原室内合奏団メンバー。

私の音楽はじめて物語

ピアノのレッスンを受け始めたのは
10代前半でした。
これは楽しみで弾いていたころ(6歳)

 ヴァイオリンを始めたのは2歳10ヵ月くらいでした。歳の離れた従姉がヴァイオリンをやっていて、上の姉(5歳上)がピアノをやり、次姉(2歳上)がヴァイオリンを始めた。私はそれに続いたわけです。
 通ったのは才能教育研究会(スズキ・メソード)で、初めて習ったのは足立佳代子先生。優しい先生で、私は練習は得意ではなかった(笑)ですけれど、楽器を弾くのは好きで、皆と一緒に演奏するのが楽しかった。それが今につながっている気がします。
 最初に聴いたオーケストラは東京交響楽団で、小学3〜4年生のころ。先ほどの従姉が東響に入り、「第九と四季」を東京文化会館で何回か聴きました。《第九》がかっこいいなあ、と思って、でもなぜか《四季》はよく覚えてないんです。ヴァイオリンのソロがあるのに。そのころから、ソリストではなくオーケストラ志向だったのかもしれません。
 小5の時に、従姉が「ヴァイオリンを本格的にやってみない?」と声をかけてくれて、田中千香士先生を紹介してくれた。ただ、当時の私は基本が身についてなくて、この世にスケール(音階)があることを知らなかった(笑)。そんな子がいきなり千香士先生のところへは行けないので、まずスケールや音程の取り方などを従姉に習い、それから千香士先生のところへ通うようになりました。
 小学校の卒業文集に「オーケストラに入りたい」って書いているんです。これも従姉の影響かもしれませんね。東京藝大附属音楽高校を受験することを決めて、中2からソルフェージュや楽典も始めました。その年に音楽鑑賞教室で都響を聴いていて、《モルダウ》とかを覚えています。
 高校時代は室内楽を初めてやったり、楽しいことが多かった。藝高ってわりと音楽一筋じゃなくて、別のことにも幅広く目を向けさせてくれたんです。テニスやスキーに出会って、今でも続けているのは高校の授業のおかげですし、そういう体験ができたのは良かったですね。
 藝大4年生の時に、初めてエキストラとして都響で弾いて、すごく雰囲気が良いオケだなと思いました。若杉弘さんが音楽監督で、マーラーなどを盛んにやっていた時期です。それで同じ年にオーディションを受けたんですが、通ることができませんでした。大学卒業後、しばらくはフリーで活動しましたが、やっぱり都響で弾きたくて。96年に4年ぶりにオーディションがあり、今度は入ることができました。
 私の場合、ヴァイオリンと出会った時の記憶は曖昧で、気がついたら弾いていた、という感じです。でも今、楽器のない生活は考えられないですね。

(月刊都響2012年4月号 取材/文・友部衆樹)


都響について

都響ガイド 営業案内

[電話番号]03-3822-0727

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 5月29日(月)、5月30日(火)

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 5月16日(火) 16:00営業終了
 5月31日(水) 17:30営業終了