←

→

ABOUT TMSO

オーケストラ|メンバー

ソロ・コンサートマスター/コンサートマスター
第1ヴァイオリン 第2ヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス
フルート オーボエ クラリネット ファゴット ホルン
トランペット トロンボーン バストロンボーン テューバ ティンパニ&打楽器
三原晶子
第2ヴァイオリン  

三原晶子 (みはらあきこ) MIHARA Akiko
(1985年11月1日入団)

演奏家として心がけていること:柔軟な感受性を持つ
最近はまっていること:温泉めぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン
もし音楽家になっていなかったら?:ペットショップの店員

 東京藝術大学卒業。在学中安宅賞を受賞。第32回全日本学生コンクール西日本第一位。
 田中千香士、前橋汀子各氏に師事。ウィーン国立音楽大学にて、ギュンター・ピヒラー氏に師事。

私の音楽はじめて物語

余吾教室の夏期学校(長野県/3歳)

 姉(都響第1ヴァイオリン奏者・野口純子)がヴァイオリンをやっていましたので、私はオケに入るまでその背中を追いかけていた感じですね。ですから経歴も似ているんですが(笑)。
 ヴァイオリンを始めたのは3歳の時。近所のスズキ・メソードの教室に通いました。習ったのは余吾先生という年配の男の方で、優しい先生でした。厳しい先生だったら続けられなかったと思うので、私には合っていましたね。松本の夏期学校も面白かったですし、大阪万博の時に太陽の塔のある広場で何百人かで集まって弾いたのも楽しく、懐かしい思い出です。8歳のころでした。
 名古屋青少年交響楽団というジュニア・オーケストラに入っていた小6の時、ハチャトゥリャンが指揮をしに来ることになって、《仮面舞踏会》を練習しました。ところが来日直前に彼が亡くなってしまい、とても残念でした。
 中2のころ、名古屋市立菊里高校音楽科の受験を決め、その高校で教えていらした森下陽子先生に師事しました。音楽の道へ進むことを選んだ、というより、習い事の中で唯一続けられたのがヴァイオリンでしたし、これをやってみようか、という感覚だった気がします。ソルフェージュはその時から始めたので大変でした。
 菊里高校へ合格、大学は東京へ行きたかったので、高2から田中千香士先生に師事、東京まで月に1~2回レッスンに通いました。東京藝大へ進み、引き続き千香士先生に師事。大学4年の時、1年だけ前橋汀子先生に習いました。ソリストとして活躍している方ですし、レッスンでは目の前で弾いてくださって、曲の雰囲気が一目瞭然。とても勉強になりました。
 大学時代はあまりオーケストラの魅力に触れる機会がなく、室内楽が好きでした。ブラームスやフォーレのピアノ五重奏曲を弾いたのと、ピュイグ=ロジェ先生のレッスンが印象に残っています。
 卒業した年の秋に都響のオーディションを受け、幸いにも合格して1985年に入団しました。入団して3~4年経ったころに1年、ウィーンへ留学しています。奏法の細かいことができていないことを痛感していたので、ギュンター・ピヒラー先生(アルバン・ベルク四重奏団)に師事しました。仕事を離れてひたすら練習、またヨーロッパの空気や天井の高い建物の響きを感じ、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》《ラ・ボエーム》などオペラをたくさん観ることができたのは良かったですね。
 留学中、学生の弦楽四重奏の練習を見学した時、4人の音が何とも言えず溶け合って、ふわっと浮かんでいく体験をしたことがあります。一人ひとりはそれほど上手とは思えないのに、弦楽器4本の音が魔法のように一体となって聴こえてくる。アンサンブルの理想ってこういうことかもしれない、と胸にストンと落ちたように感じました。
 オーケストラも同じで、あの時のえも言われぬ響きを、都響でも出せないかな、と今なお探している気がします。永遠の課題かもしれないですが、追究していきたいですね。

(月刊都響2014年4月号)


都響について

都響ガイド 営業案内

[電話番号]03-3822-0727

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 4月20日(木)・24日(月)

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 4月17日(月) 17:30営業終了
 4月18日(火) 16:00営業終了