←

→

ABOUT TMSO

オーケストラ|メンバー

ソロ・コンサートマスター/コンサートマスター
第1ヴァイオリン 第2ヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス
フルート オーボエ クラリネット ファゴット ホルン
トランペット トロンボーン バストロンボーン テューバ ティンパニ&打楽器
岡本順子
第2ヴァイオリン  

岡本順子 (おかもとじゅんこ) OKAMOTO Junko
(1981年9月1日入団)

演奏家として心がけていること:今
最近はまっていること:ヨガ
もし音楽家になっていなかったら?:?
好きな作曲家:バッハ、ブルックナー


 福岡県北九州市出身。才能教育にてViolinを始める。
 Violinを山口進一、西村新太郎、辻久子、鬼束龍夫、服部豊子、田中千香士、レオン・シュピーラー各氏に師事。
 東京藝術大学音楽学部附属高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。

私の音楽はじめて物語

発表会で(中学1年ころ)

 音楽との出会いは、才能教育研究会(スズキ・メソード)で始めたヴァイオリンです。通っていた幼稚園で、自分が帰るころにヴァイオリンを弾く子が集まってくる。その様子を見て、「やりたい」と言ったらしいです。5歳の時ですね。
 当時、N響のテレビ番組で、解説しながら演奏を聴かせるものがあったんですが、小学3〜4年のころ、それを見るのがすごく好きでした。《田園》を、「これが主題です」とか、ノート片手に楽しみにしていました。ヴァイオリンを弾くのが楽しくて仕方なかったころです。
 ご近所に3歳上の新井淑子さん(フィンランド在住のヴァイオリニスト/クフモ音楽祭を創設)がいらして、彼女の影響が大きいですね。小学2年から西村新太郎先生(九響コンサートマスター)に就いて、小学4年ころから月に1〜2度大阪へ通って辻久子先生にレッスンを受けたんですが、そういう道は全部、新井さんの後を追いかけて辿った感じです。
 辻先生は夜型の方で、ご自分の演奏の後などにレッスンが始まるので、終わると午前2時だったり(笑)。私はまだ早い方で、全員が終わるのは朝でした。先生のお宅に泊めていただいて、何だか不思議な世界。先生は教えながらご自分でも歌うし弾くし、もう情熱のかたまりみたいな方でしたね。
 辻久子先生はオイストラフの弟子でしたから、来日の時に紹介していただいて、オイストラフと握手したことがあります。とても温かい手で、鮮明に憶えています。小学校の卒業文集には、将来はオーケストラ奏者になります、と書いてあります(笑)。
 東京藝大附属音楽高校、東京藝大へと進んで、卒業後2年ほどフリーランスで活動してから、ベルリンへ1年間留学。レオン・シュピーラー(ベルリン・フィル第1コンサートマスター)に師事しました。音楽は全てを分析した上で弾かなければいけない、を前提にしつつ、熱いレッスンでしたね。ベルリン・フィルはゲネプロも本番もたくさん聴きました。毎回、感動していました。
 帰国後、81年に都響へ入団。印象に残っているのはフルネさんのリハーサルの厳しさ。曲を最後まで弾いて「ああ、一段落」と思ったら、即座に「ダ・カーポ(最初から)」。もう、ひたすら忍耐(笑)。基本に厳しく、何度も繰り返し練習できた経験に感謝です。おかげで30年間続けてこられたと思います。
 これまですごく構えて、ひたすら一生懸命弾いてきた感じがあるんですが、最近ようやく、まわりを感じ、少し力を抜いて演奏していけたらな、と思っています。

(月刊都響2012年7・8月号)取材・文/友部衆樹


都響について

都響ガイド 営業案内

[電話番号]0570-056-057

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 10月24日(火) 16:00営業終了

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 10月16日(月)、10月17日(火)