プロムナードコンサートNo.397

場所:サントリーホール ホール案内 座席表

このページをシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

[PDFダウンロード]

出 演

クラウス・マケラ

指揮/クラウス・マケラ

プロフィール一覧

曲 目

  • サウリ・ジノヴィエフ:バッテリア(2016)[日本初演]

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 ハ長調 op.60《レニングラード》

1回券予定枚数終了いたしました。
ステージプランやカメラ位置の決定等に伴い、追加販売を行う可能性がございます。
決定次第、都響HP、SNS、メルマガ等でお知らせいたします。(5/2up)


※等間隔での空席設定は行いませんが、引き続き、感染症の拡大防止のため、一部の座席は販売いたしません。また、政府や自治体によるイベント開催要件に変更があった場合は、開演時間の変更、販売の一時停止や入場者数上限の設定等を行います。
ご購入前に最新情報をご確認の上、ご購入くださいますようお願いいたします。
※急遽出演者や曲目変更、または公演中止となる場合がございます。公演中止の場合を除き、払い戻しはいたしません。

※基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患等)をお持ちの方や体調に不安のある方は、医師の判断や関係機関の情報をご確認の上、慎重なご判断をお願いいたします。当面の間、当日券は必ず販売いたします。外出や体調に不安のある方は当日券(都響WEBチケットのみ)をご検討ください。
必ず、「来場されるお客様へのご案内」の内容に同意いただいた上でお申込みください。

聴きどころ

2018年5月の初共演(=日本デビュー)でセンセーショナルな成功を収め、今やオスロ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者やパリ管弦楽団音楽監督などを務めるスター指揮者となったクラウス・マケラが、待望の都響再登場。コロナ禍によりキャンセルとなった2020年4月定期で予定していたショスタコーヴィチのスペクタクル超大作、第7交響曲《レニングラード》を指揮します。それに先立って演奏するのは、マケラの盟友でもあるフィンランドの作曲家ジノヴィエフの《バッテリア》。原始的なリズムとうねるようなエネルギーの放射が聴衆を眩惑する鮮烈な曲です。世界が注目するマケラと都響の新たなケミストリーにご注目ください。

Ticket チケット

会員先行:1回券予定枚数終了
一般発売:1回券予定枚数終了

残席状況はチケット購入ボタンよりご確認ください。
都響ガイド 0570-056-057 (月~金 10~18 時、土・日・祝 休み)

チケット料金

  S席 A席 B席 P席
一般 ¥7,000 ¥6,000 ¥5,000 ¥3,500
シルバーエイジ ¥5,600 ¥4,800 ¥4,000 -
U-25 ¥3,500 ¥3,000 ¥2,500 -

プレイガイド

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会