プロムナードコンサートNo.397

場所:サントリーホール ホール案内 座席表

託児サービス

このページをシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

出 演

クラウス・マケラ

指揮/クラウス・マケラ

プロフィール一覧

曲 目

  • サウリ・ジノヴィエフ:バッテリア(2016)[日本初演]

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7 番 ハ長調 op.60《レニングラード》

聴きどころ

2018年5月の初共演(=日本デビュー)でセンセーショナルな成功を収め、今やオスロ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者やパリ管弦楽団音楽監督などを務めるスター指揮者となったクラウス・マケラが、待望の都響再登場。コロナ禍によりキャンセルとなった2020年4月定期で予定していたショスタコーヴィチのスペクタクル超大作、第7交響曲《レニングラード》を指揮します。それに先立って演奏するのは、マケラの盟友でもあるフィンランドの作曲家ジノヴィエフの《バッテリア》。原始的なリズムとうねるようなエネルギーの放射が聴衆を眩惑する鮮烈な曲です。世界が注目するマケラと都響の新たなにケミストリーご注目ください。

託児サービス

  • 未就学児のご入場はご遠慮ください。

アルファコーポレーション受付センター(月~金 10:00~17:00) tel: 0120-086-720
¥2,000/人 http://www.alpha-co.com/

東京都交響楽団コンサートパックとお申し付けください。
公演前営業日の16時までにお申し込みください。