教育活動 / ヤングシート - 活動紹介

ヤングシート

オーケストラの演奏会に青少年と保護者をペアでご招待!

東京都交響楽団では、より多くの青少年の皆さんにオーケストラの生演奏による感動を味わっていただくために、休日昼間の主催公演に『ヤングシート』を設置し、青少年の皆さんをご招待しております。 (招待対象:小学4年生から高校3年生までと保護者のペアで25組50名様)

ヤングシートの募集について

今後の実施については、新型コロナウイルス感染症拡大の状況と、国や東京都における対応・方針等の動向を踏まえ、当団で策定した「演奏会再開への行程表と指針」をもとに判断していきます。
※コロナウイルス感染拡大防止のため、下記をお読みいただき、ご了承の上申込みください。
【お客様へのお願い】
・会場内ではマスクを常時着用してください。
・サーモグラフィー等による来場者の検温を実施します。
・こまめな手洗い、手指の消毒をお願いします。
・来場者同士の間隔の確保をお願いいたします。
・大きな声での会話、館内での飲食はお控えください。(体調維持等のための水分補給をする場合はロビーでお願いします)
・次に該当する場合は来場・入場をお控えください。
①37.5℃以上の発熱がある。
② 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・臭覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐の症状がある。
③新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある。
④過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴、及び当該在住者との濃厚接触がある。
・来場者から感染者が発生した場合、来場者の氏名・連絡先情報を保健所等の公的機関へ提供する場合があります。
・本公演での感染症対策については、 6月25日に東京都交響楽団が策定した「演奏会再開への行程表と指針」をご参照ください。
(各公演の内容や公演会場のガイドライン等によって、内容を追加、変更させていただく場合があります)
・ご来場は青少年・保護者共、ご当選者本人のみでお願いいたします。
・新型コロナウイルス感染症への対応の観点から、当面の間、小学生だけでなく中高生も保護者同伴を必須とさせていただきます。
・当選した方へお送りする「来場のお客様へのご案内」や会場のスタッフのご案内をお守りください。

都響ヤングシートメールマガジン

ヤングシートの募集開始や締切に関するご案内など、 都響ヤングシートに関する情報を配信しています(不定期)

Reportヤングシート イベントレポート

  • 第138回
  • 第134回
  • 第133回
  • 第132回
  • 第131回
  • 第130回
  • 第129回
  • 第128回

プロムナードコンサートNo.385

【五大陸音楽めぐり④「音楽の世界遺産─不滅の名曲集」】
都響終身名誉指揮者の小泉和裕指揮による名曲小品集。「剣の舞」や「アルルの女」組曲第2番など、聴きなれた曲を贅沢な響きでお聴きいただきました。
「剣の舞は自分たちが演奏したときより早くて音がそろっていてきれいでした」「知っている曲が出てきた時、すごいと思いました」「心に響く演奏で本当に感動しました!」などの感想が寄せられました。

来場者の声アンケートより

プロムナードコンサートNo.383

【五大陸音楽めぐり②「東からの風、南からの熱」】
若手有望株の指揮者“カワケン”こと川瀬賢太郎を招き、《アランフェス》ハープ版では吉野直子の独奏で、最後はラヴェルの傑作《ボレロ》で締める素敵なプログラム。
「ハープの音を生で初めて聴けた。綺麗な音色!」「ボレロでどの楽器がソロをつないでいくかが、見ていて良く分かって、うれしかった」などの感想が寄せられました。

来場者の声アンケートより

第886回 定期演奏会Cシリーズ

シベリウスの交響曲2番とトゥオネラの白鳥。そしてスペインの巨匠ホアキン・アチュカロをソリストに迎えたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の組合せ。ヤングシートのアンケートでは「迫力があって感動した。」「音の厚みを感じた。一つ一つの音が際立っていた。」「ピアノの音色が心に残った。アンコールで左手だけで弾くのに、両手で奏でているように聴こえてすごかった。」などの感想が寄せられました。

来場者の声アンケートより

第879回 定期演奏会Cシリーズ

【ディアギレフとロシア・バレエ団へのオマージュ】と題した公演。バレエの物語を思い浮かべながら聴いていたという感想も頂きました。とくに「三角帽子」では、演奏者が揃って打つ手拍子と、「オレ!」という掛け声が「ピッタリ合って素敵だった!」という感想や、「「ベートーヴェン《運命》の動機が三角帽子の中にあった。」「カッコウは外国でもカッコウと言うのだと思った。」という感想まであって、熱心に聴き、楽しんでいただけたようでした。

来場者の声アンケートより

プロムナードコンサート No.382

マイ・フェア・レディ序曲で華やかに幕開けしたコンサートはヤングシートのお客様にもとても好評でした。とりわけコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲を弾いた三浦文彰さんへの「すごく良かった!」という感想が目立ちました。休憩後のドヴォルザーク「新世界より」では指揮者リットンと都響が織り成すシンフォニーの輝かしさを喜んでいただけたようでした。

来場者の声アンケートより

第876回 定期演奏会Cシリーズ

今年度最初のヤングシートは、音楽監督・大野和士のコンサートで幕開けです。
ロシアの名ピアニスト、ニコライ・ルガンスキーがソリストを務めたピアノ協奏曲は参加者の心にも響き「音がキラキラとしていてきれいでした」と感想を寄せてくれました。
また、オーケストラ公演に初めて参加する子どもも多く、オーケストラで使用される楽器の多さや迫力に魅了された様子が伺える感想や、イラストつきで楽しかった様子を表現してくれた感想が多かったです。

来場者の声アンケートより

第875回 定期演奏会Cシリーズ

開花宣言から10日後、さくら月31日。都響桂冠指揮者エリアフ・インバルとアシュカールのピアノによるベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番とチャイコフスキー:交響曲第5番のプログラムは完売コンサートとなりました。
『初めて生の演奏を聴いて、その迫力に圧倒され、すごく良かった。』『生のピアノのきれいな音が心に残った。』『色々な楽器の魅力に気づけました。』
といったヤングシートのお客様からの感想が寄せられました。
またのご来場を心からお待ちしております。

来場者の声アンケートより

プロムナードコンサート No.381

当日は雪のちらつく空模様となり、まさにシベリウス、チャイコフスキーの《冬の日の幻想》を演奏するのにふさわしい日和となりました。『都響終身名誉指揮者の小泉和裕と都響の、相性抜群の演奏に、身を乗り出して聴きました!』と感想を寄せてくれた参加者もいました。川久保賜紀さんの演奏を聴いて『自分の演奏にも活かしたい』という感想も多くいただきました。

来場者の声アンケートより

開演前のホールを大公開!

ホール探索ツアー

コンサートが始まる前のホールを特別にご案内します(年2~3回実施)。
本番で使われる珍しい楽器やステージで準備をしている様子が見られるかも?!
たくさんのお客様をお迎えする直前の客席、緊張感あふれる空気を体感してください。
※応募多数の場合は厳正な抽選により当選者を決定いたします。

探索レポート 2019.9.8

日本・フィンランド外交関係樹立100周年と渡邉暁雄 生誕100年を記念したプログラム。
「フィンランドがなぜ世界一幸せな国」とされるのか?
ラフマニノフの身長と手の大きさは?
なども話題にした予習から、いざホール内へ。
本番前のピーンと張り詰めた独特の空気感も感じながら、
ステージ横や楽屋、客席などを回って、
いつもとは違う体験を気に入って頂けた様子でした。

2020年度ヤングシート対象公演一覧

公演
中止

第140回招待公演 2020年5月17日(日)

第904回 定期演奏会Cシリーズ

公演
中止

第141回招待公演 2020年7月12日(日)

プロムナードコンサート No.387

受付
終了

第142回招待公演 2020年9月12日(土)

都響スペシャル2020(9/12)

受付
終了

第143回招待公演 2020年10月11日(日)

都響スペシャル2020(10/11)

受付
終了

第144回招待公演 2020年11月15日(日)

都響スペシャル2020(11/15)

受付
終了

第145回招待公演 2020年11月23日(月・祝)

都響スペシャル2020(11/23)

受付
終了

第146回招待公演 2020年12月5日(土)

都響スペシャル2020(12/5)

第147回招待公演 2021年2月11日(木・祝)

プロムナードコンサート No.390

第148回招待公演 2021年2月28日(日)

第921回 定期演奏会Cシリーズ

第149回招待公演 2021年3月20日(土・祝)

プロムナードコンサート No.391