<公演中止>プロムナードコンサート No.390

終了

場所:サントリーホール ホール案内 座席表

【ベートーヴェン生誕250年記念・交響曲全曲シリーズ】

マイチョイス割引対象公演

託児サービス

このページをシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

出 演

サッシャ・ゲッツェル

指揮/サッシャ・ゲッツェル
ヴァイオリン/ネマニャ・ラドゥロヴィチ

プロフィール一覧

曲 目

  • ベートーヴェン:《ウェリントンの勝利》(戦争交響曲)op.91

  • ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61

  • ベートーヴェン:交響曲第8番 ヘ長調 op.93

2021年2月11日(木・祝)、2月20日(土)および22日(月)演奏会のお知らせ 詳細はこちら(1/14up)

2021年1月~3月主催公演チケット代金(会員券を含む)払い戻しについて

イベントにおける入場者数制限の緩和に伴い、11月公演より少しずつ緩和してお客様をお迎えしておりますが、ステージ周りや、お客様同士の間隔の確保のため、まだまだ全ての座席をご用意することが叶いません。
今後も出演者や曲目の大幅な変更や、使用座席の制限等が生じる可能性が高いため、全席をいったん払い戻しさせていただきます。楽しみにしていただいていた皆様には、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
1月~3月の公演は、開催できる公演が決まり次第、都響スペシャル2021としてチケットを新たに販売してまいります。公演を開催する際は、チケットを改めて発売し直すことといたします。払い戻しの対象となる1月~3月公演と同日に開催する場合でも、現在お手持ちのチケットは無効となり、ご入場いただけませんのでご注意ください。 大変なご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
詳細はこちら

聴きどころ

ボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督・首席指揮者で、神奈川フィル首席客演指揮者を務めたこともあるサッシャ・ゲッツェルが都響初登場です。ウィーン生まれで、国立歌劇場管弦楽団でヴァイオリン奏者として活躍したゲッツェルが指揮するオール・ベートーヴェン・プログラム。「戦争交響曲」の異名を持つ《ウェリントンの勝利》は、1813年ビトリアの戦いを描写し、「ルール・ブリタニア」(イギリス軍)と「マールボロ行進曲」(フランス軍)が火花を散らすという、第8交響曲の直前に書かれたとは思えないような異色作。生誕250年だからこそのレアな演奏機会です。ヴァイオリン協奏曲の独奏は人気者ネマニャ・ラドゥロヴィチ。すでに共演を重ね気心の知れた2人は、東京で同じステージに立てることをとても楽しみにしています。

Ticket チケット

チケット料金

  S席 A席 B席 P席
一般 ¥6,500 ¥5,500 ¥4,500 ¥3,200
シルバーエイジ ¥4,550 ¥3,850 ¥3,150 -
U-25 ¥3,250 ¥2,750 ¥2,250 -

プレイガイド

託児サービス

  • 未就学児のご入場はご遠慮ください。

アルファコーポレーション受付センター(月~金 10:00~17:00) tel: 0120-086-720
¥2,000/人 http://www.alpha-co.com/

東京都交響楽団コンサートパックとお申し付けください。
公演前営業日の16時までにお申し込みください。