第975回定期演奏会Aシリーズ

場所:東京文化会館 ホール案内 座席表

【三善晃生誕90年/没後10年記念:反戦三部作】

託児サービス

このページをシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

出 演

指揮/山田和樹
合唱/東京混声合唱団*、武蔵野音楽大学合唱団*
児童合唱/東京少年少女合唱隊**

プロフィール一覧

曲 目

  • 三善 晃:混声合唱とオーケストラのための《レクイエム》(1972)*

  • 三善 晃:混声合唱とオーケストラのための《詩篇》(1979)*

  • 三善 晃:童声合唱とオーケストラのための《響紋》(1984)**

※等間隔での空席設定は行いませんが、引き続き、感染症の拡大防止のため、一部座席の販売は行わず、販売済の場合でも座席移動をして頂く場合があります。また、政府や自治体によるイベント開催要件に変更があった場合は、開演時間の変更、販売の一時停止や入場者数上限の設定等を行います。
ご購入前に最新情報をご確認の上、ご購入くださいますようお願いいたします。
※急遽出演者や曲目変更、または公演中止となる場合がございます。公演中止の場合を除き、払い戻しはいたしません。
 当面の間、当日券を必ず販売いたしますので、外出や体調に不安のある方は当日券(都響WEBチケットのみ)をご検討ください。
必ず、「来場されるお客様へのご案内」の内容に同意いただいた上でお申込みください。

聴きどころ

「この声が、聴こえるか──。」
バーミンガム市響の首席指揮者をはじめ国際的に活躍しつつ、日本人作品と合唱音楽にも力を入れる山田和樹との、三善晃(1933-2013)生誕90年記念プロジェクトです。反戦詩や特攻隊員の遺書をテキストとした《レクイエム》(1972)、宗左近の詩集『縄文』をテキストとした《詩篇》(1979)、子供たちによる「かごめかごめ」が胸を突く《響紋》(1984)。少年期の壮絶な戦争体験から、あらゆる創作の根底に反戦の意を込め続けた三善が、鎮魂と非戦の思いを、激烈な音響と声なき声の叫びで訴える問題作の一挙演奏です。決して心安い音楽ではありませんが、今こそ、改めて世に問うべき曲であり、一人でも多くのみなさまに聴いていただきたい日本の名作です。

Ticket チケット

会員先行:12/9(金)
一般発売:12/16(金)

残席状況はチケット購入ボタンよりご確認ください。
都響ガイド 0570-056-057 (月~金 10~18 時、土・日・祝 休み)

チケット料金

  S席 A席 B席 C席 Ex席
一般 ¥7,000 ¥6,000 ¥5,000 ¥4,000 ¥2,700
シルバーエイジ ¥5,600 ¥4,800 ¥4,000 ¥3,200 -
U-25 ¥3,500 ¥3,000 ¥2,500 ¥2,000 -

プレイガイド

託児サービス

  • 未就学児のご入場はご遠慮ください。

イベント託児 マザーズ(月~金 10:00~12:00 13:00〜17:00) tel: 0120-788-222
マザーズホームページ http://www.mothers-inc.co.jp/

託児サービスは、演奏会の1週間前までにご予約ください。
1歳児以上が原則ですが0歳児や障害をおもちのお子様についてはご相談ください。
託児料の一部としてお子様おひとりにつき2,000円をご負担いただきます。